0029

NISA、投資信託の分配金再投資、各社の対応は?...

 今回は、NISA口座において、投資信託の分配金を再投資する際の注意点です。  通常、投信の分配金については、多くの金融機関で「その都度受け取る」か「自動的に再投資に回す」かのいずれかを選べるようになっています。しかし、NISA口座にお いては、各社対応がまちまちです。また、再投資された分配金...

0012

外貨預金、為替手数料が安い銀行は?...

 この2ヶ月で急速に円安が進み、最近では1ドル105円前後で推移していましたが、10日の米雇用統計を受け、一気に103円台へと円高に振れ始めました。今朝は一時102円台をつけました。  一旦戻したところでドルに換えようと思っていた人は、これから為替動向から目が離せませんね。  ということで、...

0086

NISA、外国株取り扱い証券会社の対応【更新版】...

  2013年6~8月に、ネット上で外国株を扱う証券会社のNISA対応状況をお知らせしましたが、その後変更がありましたので、更新版として2014年1月10日現在の状況をまとめてみました。  変更があったのは、アイザワ証券で、6月問い合わせ時はNISA口座で取り扱う予定との回答がありましたが、現...

0029

NISA、金融機関の変更手続きは少々複雑?...

 12月24日に2014年度の税制改正大綱が閣議決定されました。NISAに関しては、金融庁などの税制改正要望にあったように、毎年金融機関の変更が可能になる予定です。来年の国会の決議を経てとなりますが、ほぼ決まりと言ってよいでしょう。  決定すれば、来年の2015年1月より毎年別の金融機関にNI...

ネット銀行関連

0012

外貨預金、為替手数料が安い銀行は?

 この2ヶ月で急速に円安が進み、最近では1ドル105円前後で推移していましたが、10日の米雇用統計を受け、一気に103円台へと円高に振れ始めました。今朝は一時102円台をつけました。  一旦戻したところでドルに換えようと思っていた人は、これから為替動向から目が離せませんね。...

日本版ISA関連

0029

NISA、投資信託の分配金再投資、各社の対応は?

 今回は、NISA口座において、投資信託の分配金を再投資する際の注意点です。  通常、投信の分配金については、多くの金融機関で「その都度受け取る」か「自動的に再投資に回す」かのいずれかを選べるよ...

ネット証券関連

0053

ネット証券の「投信積立銀行引落しサービス」比較

 昨日の記事で、楽天証券が5/25より積立投信の銀行引き落としサービスを開始したことをお知らせしました。  投信の積立は、一度にまとまった金額は出せないけれど預金より有利な商品でコツコツ殖やしたいという人に人気のサービスです。さらに、口座振替ができれば、毎月証券口座に入金す...

NISA、投資信託の分配金再投資、各社の対応は?

 今回は、NISA口座において、投資信託の分配金を再投資する際の注意点です。  通常、投信の分配金については、多くの金融機関で「その都度受け取る」か「自動的に再投資に回す」かのいずれかを選べるようになっています。しかし、NISA口座にお いては、各社対応がまちまちです。また、再投資された分配金が課税口座に入るところも意外と多いので、まだ口座を開いていない人はよく確認したほうがよい でしょう。  この点については、以前にも少し取り上げましたが(→参考:日本版ISA(NISA)の注意点(3)投資信託の分配金)、具体的な各社の対応状況には触れていませんでしたので、主なネット証券や銀行についてまとめて [...]

外貨預金、為替手数料が安い銀行は?

 この2ヶ月で急速に円安が進み、最近では1ドル105円前後で推移していましたが、10日の米雇用統計を受け、一気に103円台へと円高に振れ始めました。今朝は一時102円台をつけました。  一旦戻したところでドルに換えようと思っていた人は、これから為替動向から目が離せませんね。  ということで、その換え時が来たときのために、為替手数料が安いネット銀行をまとめてみました。  銀行の外貨預金の為替手数料は、米ドルの場合、店頭なら片道1円が一般的ですが、インターネットバンキングやネット専業銀行ではその半額以下が平均的な水準です。  手数料がこの平均的水準以下で、かつネット上でほぼリアルタイムで変化するレ [...]

NISA、外国株取り扱い証券会社の対応【更新版】

  2013年6~8月に、ネット上で外国株を扱う証券会社のNISA対応状況をお知らせしましたが、その後変更がありましたので、更新版として2014年1月10日現在の状況をまとめてみました。  変更があったのは、アイザワ証券で、6月問い合わせ時はNISA口座で取り扱う予定との回答がありましたが、現在ホームページには、取り扱いなしとの記載があります。  また、内藤証券は現時点では取り扱いはありませんが、検討中ということです。  ということで、各社の対応状況をまとめると、次のようになります。  【NISA対応】 SBI証券、楽天証券、マネックス証券(マネックスは2014年春予定)  【NISA対応検討 [...]

NISA、金融機関の変更手続きは少々複雑?

 12月24日に2014年度の税制改正大綱が閣議決定されました。NISAに関しては、金融庁などの税制改正要望にあったように、毎年金融機関の変更が可能になる予定です。来年の国会の決議を経てとなりますが、ほぼ決まりと言ってよいでしょう。  決定すれば、来年の2015年1月より毎年別の金融機関にNISA口座の開設ができるようになります。  「毎年違う金融機関に口座を開く」というのは、前回の記事のイメージ図(下記の青字)でおおよそ合っているようですが、税制改正大綱を見ると、手続きは少々面倒という印象です。      まず、4年間の「勘定設定期間」(上図左端)というのはそのまま活かさ [...]

冬の定期預金金利ランキングベスト10

 「冬のボーナスは定期に」と思っている方、そろそろネット銀行のキャンペーン金利が出揃ったようです。  ソニー銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行などのネット専業、新生銀行、そして地銀のネット支店も数行ボーナスキャンペーンを行っています。  現在キャンペーンを行っていないネット専業はこの時期もう動きはないと思われますので、冬の定期預金ランキング上位10位を出してみました。  1年定期・100万円の条件で出したベスト10は以下の通りです。キャンペーン金利の場合は、キャンペーンの終了日を入れてあります。  上位の顔ぶれは夏のランキングとあまり変わらず、地銀・信金のネット支店で占めています。しかもキャ [...]

日本版ISA(NISA)の注意点(4)投資信託選び

 日本版ISA(NISA)に関する「あまり知られていない」注意点の第4回です。 第1回~第3回はこちら→日本版ISA(NISA)の注意点(1)金融機関選び・口座開設→日本版ISA(NISA)の注意点(2)実は債券投信も買える?→日本版ISA(NISA)の注意点(3)投資信託の分配金    今回は投資信託選びに関する注意点です。NISAの開始を前に、「NISA向け投信、NISA用投信を追加しました!」などという宣伝文句をよく見かけるようになりました。 これまで株や投信へ投資をしていなかった初心者の方がこれを見ると、「NISAを利用するなら、NISA向け投信を買わないといけない」と思って [...]

ソニー銀行、為替コスト引き下げキャンペーン11/25~14/2/1

 ソニー銀行が、11/25から為替コスト引き下げキャンペーンを実施しています。  今回のキャンペーンは、冬の特別企画として実施されているもので、通常のキャンペーンといくつか異なる点があります。  まず、通常のキャンペーンよりもさらに手数料が安く、そして期間が2ヶ月以上と長期間実施されます。例えば米ドルであれば、通常のキャンペーンでは10銭のところ、今回は7銭です。また、外貨の「購入時」のみ対象となっています。  <期間> 2013年11月25日(月)午前8:00~2014年2月1日(土)午前5:55まで  <為替手数料> 期間中の外貨(取り扱い通貨すべて)の「対円」・「対米ドル」での「購入」に [...]

三菱東京UFJがATMの無料時間帯を拡大

 三菱東京UFJ銀行が、12月20日よりATM利用料などを変更します。自行ATMの利用料は平日・休日とも21:00まで無料となり、コンビニATMは有料(値上げ)になります。  自行ATMを利用する場合、平日の時間内(8:45~18:00)は無料で、時間外と休日は有料というのが一般的です。  三菱東京UFJでは無料の時間帯を21:00まで拡大し、さらに平日・休日を同じ料金体系にします。休日も時間内なら無料というわけです。その代わり自前のATMではないコンビニATMは時間内でも有料とします。  現在の「自行ATMでも18:00を過ぎてしまうと有料」というのは、かなり不便な点です。21:00まで無料 [...]

住信SBIネット銀行、為替コスト無料キャンペーン(10/15まで)

住信SBIネット銀行が、為替コスト無料キャンペーンを実施中です。 米ドル、豪ドルの「買付時」の為替手数料が無料となります。 <期間>2013年10月9日(水)~10月15日(火) <対象通貨>米ドル、豪ドル 通常の為替手数料は、米ドルは買付・売却時とも1米ドルあたり9銭、豪ドルは買付・売却時とも1豪ドルあたり40銭ですが、キャンペーン期間中は、買付時の手数料が無料になります。   詳細は、住信SBIネット銀行のホームページをご覧ください。 →米ドル・豪ドル外貨預金買付時の為替コスト無料キャンペーン  

ソニー銀行、外貨預金タイムセール実施

 ソニー銀行が、現在外貨預金タイムセールを実施します。  本日9/18、15:00からの開始です。  今回の対象通貨は、米ドル、ユーロ、豪ドルです。  ・円で米ドル、ユーロ、豪ドルを購入する際  ・米ドル、ユーロ、豪ドルを売却して円に換える際 のどちらも対象です。    <期間> 2013年9月18日(水)午後3:00~2013年9月20日(金)午前5:55まで  <対象通貨> 米ドル、ユーロ、豪ドル  <為替手数料> 米ドル 通常15銭 → 10銭 ユーロ 通常15銭 → 10銭 豪ドル 通常45銭 → 35銭  ソニー銀行では、為替相場の状況に応じて、通貨を限定して随時短期間のタ [...]