楽天銀行の海外送金サービス、個人なら送金手数料が750円

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 楽天銀行の海外送金サービス、個人なら送金手数料が750円
Share on Facebook



 楽天銀行が5月以降の予定で個人・個人事業主向けの海外送金サービスを開始します。

 すでに法人用に提供しているサービスを個人・個人事業主へと拡大します。

 ただし、法人と個人とでは多少サービスは異なり、送金限度額などには違いがあります。

 


 5月以降としながらも開始は延びているようですが、サービスの詳細はホームページに掲載されており、申込の受付は始まっています。

→楽天銀行の海外送金サービスの案内ページ

 楽天銀行に口座があれば、ログイン後の画面で海外送金用のIDや暗証番号などを設定することで申込手続きが完了します。これが終わればあとはサービス開始を待つのみです。

 また、一般的に海外送金サービスの手数料には、送金手数料、中継銀行手数料、為替取扱手数料などがあり、送金手数料は通常4000円程度(ネット利用で2500円~3500円程度)かかりますが、楽天銀行の送金手数料は、個人なら750円、個人事業主は1000円という安さです。また中継銀行の手数料がかかる場合は一般的には2500円程度ですが、こちらも1000円で済みます。

 ただし、個人の1日(または1回)の送金限度額は低めで、100万円です。年間なら500万円です。個人事業主については1日(または1回)300万円まで、年間6000万円までOKです。

 このように申込の手続きが簡単であることに加え、手数料の安さも画期的といえます。開始が決まりましたらこのサイトでも改めて取り上げたいと思います。

 6/28に最新記事をアップしました。→楽天銀行の個人向け海外送金サービス6/27よりスタート

 

関連記事:

  1. 楽天銀行の個人向け海外送金サービス、開始は6月以降に
  2. ネット証券の撤退、ちょっと今までと違うパターン
  3. ソニー銀行、5/1より外貨受取手数料を無料に
  4. 立花証券の「タチバナストックハウス」サイトオープン
  5. 三菱東京UFJがATMの無料時間帯を拡大