楽天証券、投信積立銀行引落しサービス開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 楽天証券、投信積立銀行引落しサービス開始
Share on Facebook



 楽天証券が、5/25より銀行口座からの引き落としで投信の積立ができる「投信積立銀行引落サービス」を開始しました。

 これまでも楽天証券では、積立投信の買付代金の引き落としはできましたが、証券口座に入金された預かり金、クレジットカード、そして楽天銀行からの引き落としに限られていました。

 5/25からは、それらに加えて約200の金融機関(都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信用金庫)からの引き落としも可能になりました。

 この中には住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行などのネット専業銀行やゆうちょ銀行も入っています。

 また、積立可能銘柄数は1200以上と充実しています。

 詳細は楽天証券のホームページをご覧ください。
 →投信積立銀行引落しサービスについて

 これにより、投信を扱う主なネット専業証券すべて(SBI、カブドットコム、マネックス、楽天)で、投信積立の銀行引き落としが可能となりましたが、各社多少サービスの違いがあるようです。

 4社出そろったところで、次回はこの4社の銀行引き落としサービスを比較してみます。

 

関連記事:

  1. 楽天証券、外国株も日本版ISA(NISA)の対象に
  2. 三菱東京UFJがATMの無料時間帯を拡大
  3. ISA口座、ネット証券の対応状況
  4. SBI証券、外国株も日本版ISA(NISA)の対象に
  5. ネット証券の撤退、ちょっと今までと違うパターン