外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(3)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(3)
Share on Facebook


 ネット証券の「外貨入出金サービス」の続きです。

 前回、前々回はこちら
 →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1)
 →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(2)

 前回は、このサービスの利用にあたって、裏ワザ的に手数料を安くすることはできますし、手数料も手間もかからないサービスもあります。といったところで終わりましたので、その続きを。

 

最初に言っておくと、これは、これから外貨預金をする人向けの話になります。すでに外貨預金を行っている人は、前回述べたように、為替手数料と送金手数料との比較でこのサービスを使うか、円と外貨の換金を行うか決めてもらうことになります。

 さて、このサービスを行っている主なネット証券はSBI、楽天、カブドットコムです。

 この中で、入出金はどの銀行でもOK(国内銀行)なのは、楽天とカブドットコムです。そして、SBIは住信SBIのみ対応です。

 ですから、「今口座を持っている銀行で外貨預金をしたい」という人は楽天とカブドットコムでないと使えないということになります。

為替手数料無料(または割引)の銀行を使う:三菱東京UFJ銀行、新生銀行など

 その方々の中で裏ワザ的に手数料を安くできるのは、三菱東京UFJ銀行、新生銀行を使っている人です。これらの銀行では、為替取引が無料または割引になるタイムセールを実施しているからです(このほかにもソニー銀行やじぶん銀行が過去不定期に開催)。

 このタイミングで外貨預金を行って、そのまま外貨で送金すれば最も安いケースで送金手数料のみで済みます。

カブドットコムなら三菱UFJと組み合わせる

 さらにカブドットコムを利用する場合は、三菱東京UFJ銀行のグループ会社ということもあり、(カブドットコムから銀行への)出金時の手数料は、三菱東京UFJ宛は2000円(他行は3500円)と安くなるので、同行と組み合わせて使うのが得です。


→次回:楽天やSBIは?

 

関連記事:

  1. 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(4)
  2. 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(2)
  3. 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1)
  4. 新生銀行、為替手数料無料タイム開催7/2~7/4
  5. ネット証券の「投信積立銀行引落しサービス」比較