夏の定期預金金利ランキングベスト10

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 夏の定期預金金利ランキングベスト10
Share on Facebook



 夏・冬のボーナス時期には、ボーナスキャンペーンと題して、定期預金金利を引き上げる銀行が多いのですが、キャンペーン開始時期は各行まちまちです。

 現在、ネット専業銀行では、ソニー銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、その他の銀行では新生銀行、イオン銀行、セブン銀行、そして地銀ネット支店の一部がキャンペーンを行っています。

 まだこれから開始する銀行もあるかもしれませんが、ネット専業も半数が開始していることですので、一旦この時点での金利ランキングを出してみました。

 1年定期・100万円の条件で出したベスト10は以下の通りです。キャンペーン金利の場合は、キャンペーンの終了日を入れてあります。



 これを見ると、9位までを地銀・信金のネット支店・インターネットバンキングが占めていることがわかります。しかも1~4位と6位はキャンペーンでなく、通常金利です。

  このサイトでも金利が高いネット支店ということで香川銀行のセルフうどん支店、トマト銀行のももたろう支店を取り上げたことがありますが、キャンペーン時期に入ってもこの2行の上位は変わりませんでした。ただし、この2行の高金利定期は、一人1万円以上100万円以下と限定されています。愛媛銀行の四国八 十八カ所支店も100万円限定です。

 逆に、大阪市信用金庫の夢ふくらむ支店と、大阪東信用金庫のネット定期(表に(*)印のある2行)は、高額の預け入れが可能です。一口の金額をそれぞれ100万円以上1000万円以下、50万円以上500万円以下と区切ってはいますが、一人何口でも預けられます。

 このように地銀・信金の高金利定期には金額の条件がつくものが多いので、その点に注意しながら比べてみてください。

  さて、地銀・信金の独占状態の中、キャンペーン金利で10位に食い込んだのが楽天銀行とイオン銀行です。0.3%台に乗せてきた点にも注目です。11位から0.2%台となり、地銀ネット支店のほとんど、そしてネット専業のキャンペーン金利が0.2%~0.3%の間に入っています。

 ただ、ベスト10には入らなかったとはいえ、0.2%台というのもかなりの高金利でしょう。メガバンクなどの一般的な定期預金金利は1年・100万円では0.025%ですから、10倍前後ということになります。

 ということで、せっかくですから次回は11位以下のランキングも紹介します。

 

関連記事:

  1. 夏の定期預金金利ランキング:11位~
  2. 冬の定期預金金利ランキングベスト10
  3. 信用金庫ネット支店の高金利定期
  4. ネットバンクの不正送金被害に遭わないようにするには?(2)
  5. 荘内銀行のスポーツ応援定期(5/31まで)