外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(4)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(4)
Share on Facebook


 ネット証券の「外貨入出金サービス」の続き、楽天とSBIのサービスについてです。


前回まではこちら

 →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1)
 →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(2)
 →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(3)

 


楽天ならシティバンクとの入出金サービスを使うと楽でオトク

 楽天の場合は、シティバンクとの入出金サービスを使えば、手数料も安く比較的簡単に入出金ができます。

 まずシティバンクからの入金時は1000円(通常4000円)、出金時は実質無料(1000円だがキャッシュバック)です。

 そしてシティバンクの楽天口座登録は用紙の郵送で完了し、入金指示も電話でできます。


SBIは住信SBIにしか対応していないが、手数料がタダ

 そして最後にSBIいきます。SBIは住信SBIネット銀行のみで入出金が可能と対応銀行があまりに少ないのですが、なんと入出金とも手数料はタダ。またネットで指示ができます。

 ということで、サービス面はよいのですが、対応銀行が住信SBIネット銀行のみというのが惜しい・・・のですが、あの高い外貨送金手数料をそうそうタダにはできませんから、やはりグループ会社だからこそなのですね。しかもこの2社は預金が株取引に使えたりと連携が密接なので、完全無料というものアリなのでしょう。

 ちなみに、前回触れた為替コスト無料キャンペーンですが、住信SBIネットでも月に2~3回行われています。ここで換えておくとまったくコストがかからない、ということになりますね。


冷静に考えると・・・

 これまで裏ワザだ何だと、各社の外貨送金サービスの話をさんざんしておきながら言うのもなんですが、冷静に考えると、やはりこのサービスはもともと外貨預金をしていた人が使うものだろうというのが率直な感想です(SBIと住信SBIの組み合わせの場合は例外ですが)。

 外国株や外国債券に投資をしたいなら初めから証券口座に円で入金を→外貨に転換、そして株なり債券なりを買えば済むことかもしれません。

 ですから、為替手数料との兼ね合いで、やはり送金コストのほうがかなり安いということであれば使う、とその都度比較してうまく使う、そんなところでしょうか。

(以上おわり)

 

関連記事:

  1. 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(3)
  2. 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(2)
  3. 外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1)
  4. ネット証券の「投信積立銀行引落しサービス」比較
  5. 銀行預金が口座振替でできる?(2)