三菱東京UFJがATMの無料時間帯を拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 三菱東京UFJがATMの無料時間帯を拡大
Share on Facebook


 三菱東京UFJ銀行が、12月20日よりATM利用料などを変更します。自行ATMの利用料は平日・休日とも21:00まで無料となり、コンビニATMは有料(値上げ)になります。

 自行ATMを利用する場合、平日の時間内(8:45~18:00)は無料で、時間外と休日は有料というのが一般的です。

 三菱東京UFJでは無料の時間帯を21:00まで拡大し、さらに平日・休日を同じ料金体系にします。休日も時間内なら無料というわけです。その代わり自前のATMではないコンビニATMは時間内でも有料とします。


 現在の「自行ATMでも18:00を過ぎてしまうと有料」というのは、かなり不便な点です。21:00まで無料となれば、会社帰りなどに現金を引き出す場合もだいぶ使いやすくなります。

 また、土日も同じ料金体系、そして自行ATMは深夜以外は無料で、他行・コンビニは有料というのはわかりやすい変更といえるでしょう。

 ここで、メガバンクのATM利用料(引き出し、預け入れ、振込み(振込手数料は除く)の比較をしてみましょう。三菱東京UFJはもともと手数料面のサービスはよいほうでしたが、変更後はどうなるでしょうか。

 まず、自行ATMの利用料ですが、白い部分が無料の時間帯です。みずほ銀行は土曜、日曜、祝日でも異なるという複雑さですが、三井住友銀行と三菱東京UFJはシンプルです。

 三菱東京UFJの図にある青字が、12月20日から変更される部分です。平日は21:00まで無料になり、休日は105円から平日と同じく8:45~21:00まで無料になります。

 続いてコンビニATMの利用料ですが、赤字部分が変更点です。現在は平日の8:45~18:00は無料ですが、この部分が105円になります。そして、これ以外の時間帯は105円から210円へ値上げされます。これにより、三井住友と同じ料金体系になります。

 さて、以上の料金体系は、各行の優遇サービスを利用しない通常の料金です。このサイトでも何回か取上げているように、優遇サービスを申し込み条件を満たせば、時間帯を気にせずATMの利用料が無料になりますので、それらの利用をおすすめします。

 <メガバンクの優遇サービス>
 ・みずほ銀行 みずほマイレージクラブ
 ・三井住友銀行 SMBCポイントパック
 ・三菱東京UFJ銀行 メインバクプラス

 実は、三菱東京UFJは「メインバンクプラス」の優遇内容も12月20日より若干変更します。また、みずほも2014年2月9日よりみずほマイレージクラブの内容を変更します。次回はこれらの優遇サービスや振込み手数料などの変更点について取り上げます。

 

関連記事:

  1. 楽天証券、投信積立銀行引落しサービス開始
  2. 楽天銀行の個人向け海外送金サービス6/27よりスタート
  3. ネット証券の撤退、ちょっと今までと違うパターン
  4. ATMの手数料、まだ払っているの?メガバンク編(1)
  5. 楽天銀行の海外送金サービス、個人なら送金手数料が750円