ISA口座、ネット証券の対応状況

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ISA口座、ネット証券の対応状況
Share on Facebook

 

 

 2014年1月から、日本版ISA( 少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)の導入が予定されていますが、金融機関における口座開設の受付は10月から開始される予定です。

 銀行や証券会社ではISA口座に関する情報ページを立ち上げたり、ISA口座の開設書類の予約を受け付けるなど、ぼちぼちと?対応し始めているようです。

 


 主なネット専業証券の現在の対応状況を見ると次のようになっています。

 ■SBI証券 口座開設書類の「予約」の申込を受付
 →ISA口座開設 書類請求予約申込の受付を開始

 ■カブドットコム証券 三菱UFJフィナンシャルグループ全体で資料請求ページ開設
 →START! チームMUFGでISA口座

 ■松井証券 ISAの案内ページを作成
 →日本版ISAについてご案内します

 ■マネックス証券 口座開設資料の「予約」の申込を受付
 →個人投資家向けの新しい非課税制度「日本版ISA」

 ■楽天証券 スターターキットの申込を受付
 →ISA口座スターターキットのお申込み受付を開始しました

 すでに、口座開設資料の予約を受け付けているのが、SBI、マネックス、楽天です。さすが早いですね。

 このISA口座については今後も制度が見直されていく予定ですが、現状では1人1口座しか開設できず、1度開いたら他社に変更できるのは4年後となっているため、顧客獲得競争になるのは必至ですね。

 株や投信の売却益や配当などが一定額まで非課税ということで、投資家の関心の高い度だとは思います。とはいっても、この制度わかっている人いる?というくらい複雑です。

 1人1社ということもありますから、競争に慌ててて乗ってしまってよくわからないまま口座を開く、なんてことは避けたいですね。とにかく、この制度の理解をすることが先決ですが、ISAについては色々と厄介な点が盛りだくさんなので、その辺はまた別の機会に説明したいと思います。

 

関連記事:

  1. ISA口座、銀行の対応状況
  2. SBI証券、外国株も日本版ISA(NISA)の対象に
  3. 楽天証券、外国株も日本版ISA(NISA)の対象に
  4. 日本版ISA、今押さえておくべきポイント:前編
  5. 日本版ISA(NISA)、信用金庫の対応