ネットバンクの不正送金被害に遭わないようにするには?(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ネットバンクの不正送金被害に遭わないようにするには?(1)
Share on Facebook



 ネットバンキングはパソコンや携帯電話から振込みや残高・明細照会などができる便利なサービスです。

 しかし、その一方、ネット上の不正送金の被害に遭わないか不安という声もしばしば聞かれます。

 ニュースでも見たことがあると思いますが、実際に不正送金の被害が出ていることも事実です。

 この手の犯罪は、割合としてはネット上の犯罪より、パスワードの管理が悪く、他人に知られてしまうといった人的なものが多いのですが、確かに最近はネット上の犯罪も巧妙になってきています。

 偽のサイトに誘導するフィッシングや、銀行にアクセスしたら起動するような不正プログラムをメール送りつけるもの、などです。

 不正プログラムを送りつけるタイプというのは、つまりはウイルスに感染させるということです。メールで送られてくるなどしたファイルを運悪くダウンロードしてしまうと、ウイルスに感染した状態になります。その状態で銀行サイトにアクセスすると、本来銀行にはない画面が開き(偽のポップアップ画面)、そこでIDやパスワード、乱数表の数字を入力させます(と言われています)。

 偽のサイトやポップアップ画面ともに銀行の本物の画面に結構似ているため、一瞬は信じてしまいそうになるようです。そしてそれが「一瞬」でないと、実際に被害に遭ってしまうのだと思います。

 実はこの手のネット犯罪は手口が完全に解明されているわけではなく、想像の部分も多いようなのですが、どちらにしても、こうした犯罪に巻き込まれないようにするには、まずはウイルスに感染しないようにすることです。

 これは一般的に言われている基本的なことですが、ウイルスに感染しないようにするためには、セキュリティソフトを入れることはもちろん、不審なメールを開いた入り、届いたメールに書かれたリンク先を安易にクリックしないことです。

 リンク先をクリックして開いてしまうフィッシングサイトの場合、URLをよく見るなどの手もありますが、今はちょっとURLを見ただけでバレてしまう単純なものはあまりないようです。

  その場合は、ページのソース内のform action=”http://・・・部分を見てみるという手もあります。URLが違う、または2つ異なるURLがある、など不審な点があれば、こ のページでは何も入力しないことです。ちょっと上級者用に思えるかもしれませんが、ページのソースを見るのは簡単(メニューの「表示」→「ページのソース」を 選択)ですので、確認してみてください。

 さて・・・問題は、偽ポップアップ画面が開くケース。つまりウイルスに感染してしまった場合ですね。

 もちろん感染した後、ウイルスが何をやらかすのかは正確にはわかりませんから、完全な対策というわけではありませんが、とりあえずできる範囲ですべきこと(覚えておくこと)はあります。

 ザックリ言うと、感染後に不正送金されてしまうかどうかの分かれ道は3つあります。これをすべて通り抜けさえしなければ、不正送金は防げるのではないかと思われます。

→次:不正送金されるかどうかの分かれ道3つとは?

 

関連記事:

  1. ネットバンクの不正送金被害に遭わないようにするには?(2)
  2. ネットバンクの不正送金被害に遭わないようにするには?(3)
  3. ATMの手数料、まだ払っているの?メガバンク編(1)
  4. ATMの手数料、まだ払っているの?メガバンク編(2)
  5. 楽天銀行の海外送金サービス、個人なら送金手数料が750円