ネット証券関連

ネット証券の「投信積立銀行引落しサービス」比較

 昨日の記事で、楽天証券が5/25より積立投信の銀行引き落としサービスを開始したことをお知らせしました。  投信の積立は、一度にまとまった金額は出せないけれど預金より有利な商品でコツコツ殖やしたいという人に人気のサービスです。さらに、口座振替ができれば、毎月証券口座に入金する手間も省けますから、口座振替のニーズも高いようです。  楽天の開始で、投信を扱う主なネット専業証券4社(SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券)すべてで銀行引き落としが可能になりました。  ただし、引き落としが可能な銀行や対応する投信の本数など、証券会社ごとにサービスが異なります。主な比較のポイントは、ま [...]

大手ネット証券ってどこ?

 今回は、いまさらながら、ネット証券の大手とはどこか?というテーマです。  来年から少額投資の非課税税制が始まることもあり、証券会社、特に手数料の安いネット証券に関心が出てきた方も多いのではないでしょうか。  最終的に は、品揃えやサイトの使いやすさ、手数料などで口座を開く会社を決めることになると思いますが、とりあえず大手ってどこ?と気になった方、こんな情報も参 考にしてみてください。  まず、店舗を持たないネット「専業」証券というのは、現在7社ありますが、その中でもネット証券の老舗といえば、松井証券、1999年の手数料自由化前後に開業した楽天証券、マネックス証券、SBI証券、カブドットコム証 [...]

外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(4)

 ネット証券の「外貨入出金サービス」の続き、楽天とSBIのサービスについてです。 前回まではこちら →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1) →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(2) →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(3)   楽天ならシティバンクとの入出金サービスを使うと楽でオトク  楽天の場合は、シティバンクとの入出金サービスを使えば、手数料も安く比較的簡単に入出金ができます。  まずシティバンクからの入金時は1000円(通常4000円)、出金時は実質無料(1000円だがキャッシュバック)です。  そしてシティバンクの楽天口座登録は用紙の郵送で完了 [...]

外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(3)

 ネット証券の「外貨入出金サービス」の続きです。  前回、前々回はこちら →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1) →外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(2)  前回は、このサービスの利用にあたって、裏ワザ的に手数料を安くすることはできますし、手数料も手間もかからないサービスもあります。といったところで終わりましたので、その続きを。   最初に言っておくと、これは、これから外貨預金をする人向けの話になります。すでに外貨預金を行っている人は、前回述べたように、為替手数料と送金手数料との比較でこのサービスを使うか、円と外貨の換金を行うか決めてもらうことになります。  さ [...]

外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(2)

ネット証券の「外貨入出金サービス」の続きです。 前回はこちら→外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1) 前回は、外貨入出金サービスには送金手数料が必要、というところまでお話しました。その手数料というのは一体いくら位なのかというと・・・   手数料はいくら? 海外の銀行に送金をしたことのある方はおわかりかと思いますが、外貨の送金には、銀行により5000円程度の送金手数料がかかります(銀行により異なります)。  この証券会社の外貨入出金サービスでも、入出金時に送金手数料が必要です(証券会社によっては一部無料のサービスもあるので、その辺は後ほど)。  証券口座への入金時:銀行→証券 [...]

外貨預金が証券会社に送金できると便利なの?(1)

  最近は、アベノミクス効果で株式投資熱も高まってきたようですが、円安の流れも受けて外国株に注目している人も多いと思います。  そこで今回は、そんな外国株投資周りのサービスの1つネット証券の「外貨入出金サービス」に着目してみました。  タイトルの「外貨預金が証券会社に送金できる・・・」というのは、この外貨入出金サービスのことを指しています。外貨預金(国内の銀行)を、外貨のまま証券口座に入金、またその逆(証券口座から銀行の外貨預金口座に出金)もできるというものです。  現在のところ、外国株取引を行っている住信SBI証券や楽天証券などで可能です。同じ外国株を扱うマネックス証券でもできるのですが、F [...]