2014年1月の記事

NISA、投資信託の分配金再投資、各社の対応は?

 今回は、NISA口座において、投資信託の分配金を再投資する際の注意点です。  通常、投信の分配金については、多くの金融機関で「その都度受け取る」か「自動的に再投資に回す」かのいずれかを選べるようになっています。しかし、NISA口座にお いては、各社対応がまちまちです。また、再投資された分配金が課税口座に入るところも意外と多いので、まだ口座を開いていない人はよく確認したほうがよい でしょう。  この点については、以前にも少し取り上げましたが(→参考:日本版ISA(NISA)の注意点(3)投資信託の分配金)、具体的な各社の対応状況には触れていませんでしたので、主なネット証券や銀行についてまとめて [...]

外貨預金、為替手数料が安い銀行は?

 この2ヶ月で急速に円安が進み、最近では1ドル105円前後で推移していましたが、10日の米雇用統計を受け、一気に103円台へと円高に振れ始めました。今朝は一時102円台をつけました。  一旦戻したところでドルに換えようと思っていた人は、これから為替動向から目が離せませんね。  ということで、その換え時が来たときのために、為替手数料が安いネット銀行をまとめてみました。  銀行の外貨預金の為替手数料は、米ドルの場合、店頭なら片道1円が一般的ですが、インターネットバンキングやネット専業銀行ではその半額以下が平均的な水準です。  手数料がこの平均的水準以下で、かつネット上でほぼリアルタイムで変化するレ [...]

NISA、外国株取り扱い証券会社の対応【更新版】

  2013年6~8月に、ネット上で外国株を扱う証券会社のNISA対応状況をお知らせしましたが、その後変更がありましたので、更新版として2014年1月10日現在の状況をまとめてみました。  変更があったのは、アイザワ証券で、6月問い合わせ時はNISA口座で取り扱う予定との回答がありましたが、現在ホームページには、取り扱いなしとの記載があります。  また、内藤証券は現時点では取り扱いはありませんが、検討中ということです。  ということで、各社の対応状況をまとめると、次のようになります。  【NISA対応】 SBI証券、楽天証券、マネックス証券(マネックスは2014年春予定)  【NISA対応検討 [...]